貿易の現場で働くなら|アパレルの派遣に登録して夢にまで見た職業に就こう

アパレルの派遣に登録して夢にまで見た職業に就こう

男性

貿易の現場で働くなら

レディ

あると有利になる

貿易事務というと何か特別な資格が必要になってくるのではないかと思ってしまいますが、実際には何の資格がなくても貿易事務という仕事は行うことができます。しかし資格がなくても問題ないとはいえ、現場では海外の取引先と英語でメールや電話を行ったり、通関のための書類を作成しなければいけませんので英語や営業事務のスキルがある人の方が貿易事務として採用されやすいという特徴があり、未経験ではハードルが高いと言えます。また、貿易事務だけではなく貿易に携わる仕事に関する仕事として国家資格である通関士や民間資格である貿易実務検定などの資格を取得しておくと、就職や転職、また職場内での昇進の時に役立つとも言われています。

アピールポイントを作る

貿易事務として働きたいという場合、就職活動や転職活動を行いながら貿易に携わる資格を取得したり、英語を使う仕事となりますのでTOEICなどの勉強を行うのも一つのアピールポイントを作る方法です。また会社によっては企業として資格の取得に力を入れているところもありますので、まずは未経験であってもアシスタントや派遣として仕事を探し、そこから資格取得を行って社員登用へ繋げるという方法もあります。会社側としてはやはり貿易事務の経験がある人を採用したいと考えていますので、経験がないという場合にはそのほかの面でアピールを行って行かなければ採用への道は厳しいものです。貿易は今の世界にはなくてはならないものですので、これらの資格取得は行っておいてもマイナスにはならないものと言えます。